【ただの日記】最近の絵の話と表現的苦悩

▼今持てる力では頑張ったハウロー

スポンサーリンク

最近の絵の話

本当は、GWの最初に、ここに公開した絵とは別のハウローをUPする予定でした。

この絵は描く予定になかったのだけど、流れで描くに至った割に頑張れたと思う。

 

ハウローの結婚式は、2つ妄想があって

①2人だけでひっそりと行う結婚式(神父はサイボーグギルヴェルト)

➁場所は言えないけど皆にお祝いしてもらう結婚式です。

 

この絵は①番の方のイメージかな?

➁番の教会入場前のイラストでもいいかもね。

 

まぁどちらにせよ

 

自分の想いとしては画力が整った時

描こうと思ったタイミングで結婚式を気合入れて描くはずだったから

今回の流れで描くのにはちょーっと苦しい案件でした。

 

クリプトラクトが長く続いて、私が絵描きでいる限りは

忘れたころにまた結婚式の絵を描くつもりです。会心のが出来たらきっとハウロー引退だね。

 

話は絵の投稿の事に戻って、そんな経緯もあり、予定外のハウローを投稿してしまったため

ハウロー連続投稿は私のマインド的に何か辛いので(えっ)

本来投稿しようと思っていたハウローは先延ばしにします。

 

ハウロー好きなんだけど、私のツイッターとピクシブが、ハウザーとハウロー染めすぎて

もうなんだか異様?娘には、他のも描けよなって突っ込まれた。え・・・そんなに??

 

他ジャンルの方のを見ると当たり前に同じキャラばっかりだよ??推しなら当然じゃない?

 

多分クリプトの絵かき様が、

推しだから推しが描きたいという方より、色々なキャラを描く方が多いですね。多分。

悲しいけどクリプトでは自分が浮いている気がして、自粛

 

そんな悲しい理由で、次回は旧推しのロキを投稿しようと思う。

ロキこそ、全然人気無いだろうね(;’∀’)

 

顔的には私のドストライクなんで、二次創作は超絶楽しかった。

絵に添えて妄想激しいのを大公開しようと思ってる。

特にロキは誰かに遠慮する必要なんてない気がする(ひどい扱いだ)

 

ハウザーみたいに、マインドがイケメンで、顔もなんか超絶癖になる美味しさ的なユニットは

私みたいにコアにコアに好きな方が多いと思う。自分がコアなだけに思う。

 

自分のハウザー像がある場合、私のハウザーがNGの場合もあるだろう。そう思っている。

 

だが!ロキならば!性格が小物なせいで、顔がいくら良くても

推しまで格上げされることが無いだろう予想である!!!!!!(ひどい言い分)

 

彼で私の妄想欲を果たしたい。ハウザーだと若干遠慮があって潜在開放できない。

 

・・・ごめん。ギャグでは潜在開放するけど・・・。(こっちの方が多分大問題)

 

シリアスで潜在開放すると、誰やお前っていうイケメンマインド発動ハウザーになるから

申し訳なさと恥ずかしさで死ねる。

 

ロキだったら、恥ずかしさだけで多分死ねるけど(死ぬのか)

申し訳なさはないかと(なんだそれ)

 

あと、絵の排出スピードを下げようと思う。

簡単な絵なら結構なスピードで描けるようになってきたので今度はディティールに拘った

イラストを描いていきたい。

 

漫画の場合は、ディティールに拘らなくてもいい、ギャグを描いていこうと思う。

漫画は量を書くので、やはりすぐに投稿できる代物ではない。

漫画は、動きを無理にでも描く練習のために描きたい。

 

と・・・なるとイラストと漫画で別人のようなクオリティなると思う。

 

私は結構見た目の上手い下手を気にしちゃうタイプ。よくない・・・

自分が好きでやっているんだから気にしなくてもいいのにね・・・

特に漫画は面白いかどうかの方が大切だし。

 

だから小物なプライドかなぐり捨てて、自分にとって今はどういうことが必要なのか

ちゃんと考えていかなくちゃいけないと思う。

 

あと、たまりまくっている教科書の勉強ね。

これ、もうそろそろ吸収していきたい。

 

やることのイメージは

漫画とかクロッキーで人物の動きの訓練

ディティールの凝ったイラストで、細かいものをどう表現していけばよいの研究

教科書で自分が知らない知識をローラー作戦で知っておく作業

 

少しずつでいい。確実に成長したい。

表現的苦悩

私ね。推しcpはハウローなんだけど、ギルヴェルトも大好きなんだよ。

ギルヴェルトに関する私的解釈は何パターンかあって

 

①ハウザーに忠実な家臣

➁ハウザーの事をLOVEも含め大好きな忠実な家臣

③(ギャグギルヴェルトは)ハウザーに忠実でありながら器用に立ち回って金が絡むと悪

 

①は一般論で、無難で、皆様が求めているギルヴェルト像だって分かっているんだ

だけど私が見たいギルヴェルトは➁と③なのね。

 

本気で悩んじゃうくらいよ。

➁に関しては小説も書いた。クリプトラクトはBL要素なんとなくNGっていうか

ハウザーとギルヴェルトの関係は色々な意味でそうはあってほしくないのが民意かもしれない。

 

だけどね。私のBLは性的(体的)な意味はないんですよ。

そもそも私自身の考えに、愛にセクシャル的差別が無い。

 

なぜかというと、私子供の頃どっちというと男の子でした。

スカートも履きたくなかったし、髪の毛もベリーショートでした。

 

仲の良かった女の子がかわいいと思って、からかって、いじめたこともあったし

(男の子が好きな子にちょっかいだすやつ)

その子が男の子と付き合ったら、振られたような気持になった。

 

中学校の時なんて、ほんと男の子みたいだったから

後輩の女の子から告白されたり、ケーキもらったり、卒業の時迫られたり(;’∀’)

それが嫌だったかっていうと、そうではなく嬉しかったですよ。

 

大学の時も親友に彼氏できた時、やきもちな気持ちを思ったし

 

社会人になってからも女性先輩に対して同様の気持ちを持った。

 

だけど体的含め恋愛したいのは男。かっこいい♡大好き~♡って思うのも男

大好きな男の先輩なんて好きすぎて、酔って押し倒したことも(ヤバい奴だな)

 

まぁだから、自分の好きなものに性うんぬんはない。

その思いが共感出来て十分よくわかるのであれば、同性同士の愛であっても応援したい。

たとえよくわからんとしても、人の好き嫌いにどうこう言う気は最初から持ち合わせていない。

 

そういう目線で見た時、ギルヴェルトは私が子供の時に抱いた気持ちを

ハウザーに思ってもおかしくないって言うか、そうだったって私は妄信してる。

 

兄弟でもないのに8歳からずっとだよ?(たとえ兄弟でもあるとおもうんだよな。)

ずっとずっと一緒だったのに最後はさローランのところへ行ってしまうんだよハウザーは。

 

しかもギルさんは、ハウザーの事大好きなんだよ。公式はLOVEではないかもしれないけど

少なくとも自分の命を差し出しても惜しくない程、ハウザーの事が大切なんだ。

だから私的にはそれがLOVEでなくてなんだ。ってね。本気でそう思うよ。

 

なので泣きながらギルさんのそういう小説書いたよ。

願わくば誰か同じ気持ちをギルさんに想ってくれないだろうか

(少なくともお師匠は私と同じ事を思って、そういうの書いてましたね)

 

私が悩んでいるのは、それをどうやって表に出そうか。ということ

別に生々しいのをやりたいわけじゃないんだ。そういう純粋な気持ちを表現したいだけなんだ

 

その上で、ローランとギルさんがハウザーを取り合う事があっても良いと思うのよ。

私がハウロー推しな訳だから、ギルさんがローランに勝つことはない。

けど、少しだけハウザーがギルさんに応えるちょい萌えがあっても良いとおもう。

 

あーあ。何も気にせず、自分の描きたいもの描きまくりたい。

コメント