【絵上達法】絵が描きたいけど頑張れない。それを破壊したい。

▼超・落書き。そういう息抜きが(多分)大事

絵をやめ、絵をはじめ

小学3年生の時、絵が好きになって

小学3年生の時、絵が嫌いになった。

そのアレルギーの持続すること、14年間。私は23歳になっていた。

 

23歳。異様なきっかけで、1年間ほど絵に没頭するも

その後、一級建築士の資格取得→結婚→出産でバタバタしてたら今の歳ですよ。

 

23歳のきっかけから、頭の後ろらへんでいつも絵が上手くなりたいと思っており

ぼちぼちやるんですが、忙しいし、どうやって勉強したらいいかもわからないしで3日坊主。

 

ほとんど絵の練習や勉強なんてしてきませんでした。

ネットサーフィンとユーチューブでやる気スイッチ探し

絵に関して情報を探す事すらしなかったので

今年の私は今までより少しは成長した。

ネットで絵に関する知識ややる気スイッチを探しているから!!(えっ)

 

先日の休日ネットサーフィンして、ある動画からとっても勇気を貰いました。

 

もし私が絵の練習を継続できて

成長した暁には、お礼のコメントを残しに行きたいです。

モヤモヤを一旦忘れる。このサイトは私の趣味だ。

実はこのサイト

前段は幻獣契約クリプトラクトというゲームの攻略サイトでした。

 

攻略サイトに自分の趣味の絵が多くなったら、ただの独りよがりになって

攻略のサイトを見て貰えなくなるんじゃないか。

 

折角、成長した攻略サイトを手放すことを躊躇。

(現在は、ページを分け、旦那が攻略サイトを運営してくれています【ホッ】)

 

このおばさんはね。結構くだらない事を思い悩むんですよ。

 

このサイト、一応ワードプレスで作っているから、コストもかかるし

絵を描きたいなら、また無料ブログ戻ればいいんじゃないの?とか。

 

絵が格別上手いわけではないし

絵の上達法!とか言っても、誰も興味持たないでしょ?

 

絵の上達法のサイトは

自分がもしも絵が上手くなった先にやりたいことだから。

今上達法のサイト運営してもできる事って何もないじゃーんとか

 

幻獣契約クリプトラクトのハウザーという

本当にニッチなキャラを一生懸命描いたところで認知されないだろうし

 

しかも絵が下手な奴が、そのニッチキャラを沢山描いて熱く語っても

ただただキモいだけなんじゃ。とか。

 

けど、その考えを破壊してくれたのが先に紹介したユーチューバーさんです!

 

もうめんどうなことは置いておいて、これは趣味のサイトなんだから

今私が熱い事を赴くままに書けばいいんだよ。ってことになりました。

 

比較するのは昨日の自分。

そうよね。当たり前のことを忘れていたわ。

 

私は、ハウザーが描ける!(笑)

もうくだらない事は考えるのをよして

気持ち悪いぐらいいっぱいハウザー描いて載せるわここに。

馬鹿な思い悩みを破壊してくれてありがとうございました。

よかったら探してみてくださいー。

私のマインドを破壊してくれたユーチューバーさんは私と同世代ですね。

思う事も似通いますね。就職氷河期の世代ってなんかほんと報われないですわ。

 

私も講師をしていたことがあるんで、悩みもよくわかるし。

ほんと辛いですよね。考えすぎなんですよ自分ら。なんなんでしょうねほんと。

 

で、マインド壊してくれたユーチューバーさんの話を聞いて感銘し

久々にねずこを全く見ないで描いてみました。

ようはこういうことみたいです。

▼今年の4月、絵が上手くなりたきゃ全力で描いてUPしろ!

という言葉を真に受けてアラフォーが必死にねずこを描きましたとさ。

しかしながら私が感銘を受けたユーチューバーさん曰く

 

模写の目的は、自分がどうしたいかによって決まる。

ただ、ねずこが描けるようになりたいだけだったら

特徴をピックアップして模写し、個性を頭にインプットすれば、ねずこが描ける!

 

maki
maki

上手い下手関係なく、まずはインプットふむふむ

 

そのユーチューバーさんのピックアップしてくれたねずこの特徴を拝見しながら

手は改めて動かさなかったけど、インプットできた。さすが講師!分かりやすい。

 

で、見ないでねずこを描いてみましたわ

(こんなところで話さずユーチューバーさんに接触しろよ)

上手いかどうかは別として、描けましたわ。

 

で、▲これはひらがなの【あ】が書けた状態と一緒(例えね)

 

【きれいかどうか】=上手いかどうかは別として、【あ】=ねずこが描けました。

 

もっと【あ】=ねずこが【きれい】=上手に描きたかったらどうする?

練習するでしょ?

 

ああ、なるほどね。そういう純粋な気持ちで始めればよかったのね。

 

とまぁ、私にはガン刺さりのいい話でした。

 

この話を見て先生に興味が湧いた方は是非是非、探してみてください。

素人絵描きなりの上達法を考えようぜ

私がもやもやしていたポイントの1つ

絵が上手くないのに、上達法の記事を書いても意味ないやん。という件

 

ええ。そうですね。私に教えられることなど、一切ありません。

 

ただ一つ、先生の動画見て気づいたことはありました。

【素人が、ねずこの特徴をインプットしたところで、先生ほど上手くは描けない】

 

先生はご自身の事、絵が下手だとおっしゃっていましたけど

私からしてみれば、下手なんてことはない。

 

私が長時間かけて形がわからないなりに四苦八苦して描いたこの想像のねずこより

先生が番組内でさらっと描いたねずこの方がよっぽどねずこじゃい!

 

先生、番組内で良いことおっしゃっていました。

比べるのは、昨日(前回)の自分

 

だから私はもう

他人と自分を比較して落ち込むことは、ナンセンスなんで辞めますが

差は素直に認めるべきと思いました。差はそこにあるってね。

 

じゃぁ先生や神絵師と私の差はなんだ。

私は・・・

●立体がわかりません

●顔の形が分りません

●目がわかりません

●鼻がわかりません。

●口がわかりません

●手がわかりません

●体がわかりません

●足がわかりません

●色の塗り方がわかりません

●光と影が分りません。

 

特徴をインプットしただけで、本物とのマッチ度が高くなるというのは

 

それだけ自分より多くのスキルを取得しているからなのは間違いない

私の分からない事すべて、自分よりもずっと分かっているからさらっと描ける。

 

一方素人絵描きは、上手い人との差が開きすぎているのを直視すると

どうしたらいいか分からなくなる。

絵に感動して、真似して描いても思うように上手く描けない。

 

そして神絵師との差に気づいたとて

それを埋めるためには覚えることが膨大過ぎて→やる気を無くしてしまう。

 

差を直視してもなお、自分に足りない部分に向き合い精進し

上を見続けられる人が神絵師になる。それは間違いないと思うけど

 

全員が全員そんな鉄のハートを持っているわけないじゃないですか。

 

だから原点に立ち返ろう。

私たちが比較するのは、昨日(前回)の自分

 

そして私はハウザーが描ける!

上達法の記事にしても、私は、私ができることをする。

 

現在、間違いなく素人絵描きなので、

私は、素人絵描きの気持ちがわかります。

 

だから鉄のハートを持たない、素人絵描きの為の上達法を考え行くとともに

 

自分が四苦八苦しながらも絵を描き続けて

本当に誰でも継続で絵が上達するのかも同時に示したいと思う。

 

このサイトが絵の上達の軌跡になれば

私がこのサイトを運営し継続する価値は十分あると思います。

 

そういうモチベーションの持ち方もあると思う。

今まで練習できなかった自分は破壊する!

 

人と比較しない!比べるのは自分!

この言葉を胸に、兎に角、絵を描くことを継続

楽しく練習する方法を提案していけたらと思います!

コメント