【妄想日記】我が家のハウロー実は3設定あるって話

▼設定を見ると、ああなるほどって分かりやすい?????

スポンサーリンク

我が家のハウロー実は3設定あるって話

設定①:真面目シリーズ

ハウザー:

運営様のハウザーよりまろやかな仕上がり。

私好みの大人設定。大切なもののためにヒールを演じる。

ローラン:

原作に近い性格。ハウザーの事を思い、こちらも大人設定

ハウザーのそばに居たいから日々鍛錬し、そういう風に添い遂げようとしている。

 

※ちなみにこの真面目シリーズはとても精神を削るため

現状画力では、『隠された想い』の続きを描くのはちょっと難しいと判断。

構想はある。

※イケメン・イケジョfileのハウローはこちらの設定です。

設定②:ギャグシリーズ

ハウザー:

ツンデレ・ヤンデレ・国を愛するヒールに特化した性格。

ローランの事が超絶好きなくせに、国の為といって思いを告げずグッと我慢する。

ローランにちょっかいを出す男にすぐ暴力をふるう

我慢しすぎておかしくなるので、ある意味変態。描いていて面白いのはこれ。

ハウザーファンの方には申し訳ない気持ちで描いている。

ローラン:

ちょっと天然。ハウザーの事が超絶好き。

ハウザーが喜ぶという言葉に弱く、ハウザーが喜ぶ事ならコスプレだってしてしまう。

こちらもまた。ローランファンの方に申し訳ない気持ちで描いていますm(_ _)m

 

※こちらの話は多分(タブンかよ)高校生(中学生?)のような恋愛展開をする

平和なレッドキャッスルで起こるドタバタ劇をお楽しみください?(きまぐれ更新m(_ _)m)

▼因みに他のキャラの設定

ギルヴェルト:

怒らせると根に持って、ネチネチ攻撃する。策士。頭がいい。

輩ばかりのレッドキャッスルはいつも財政難なため、金の亡者のようになっている。

得意技は、ハウザーやらかし事後処理とブロマイド写真を撮る事で(盗撮ともいう)

ブロマイドを元に金を巻き上げる。金のことになると、超絶OUTな人間

ハリエット:

ローランのことが超絶好きな、超絶シスコン。姉と結婚したいと本気で思っている。

敵はハウザー。ハウザーを認めていない。

ホアン:

ほぼ原作のような性格。ちょっとドジ

フェルミー:

面白い事が大好き。このドタバタ劇を最後しめるのが彼女の役割

一番大人で、冷静で、冷酷で、面白い事になるなら、悪事にも手を貸す。

※次に描いている漫画はこちらの設定です。

設定③:小人ローランシリーズ

ハウザー:

この話はノアを討った後の話なので、性格は原作ハウザーに一番寄せたいのだけど!

小人ローランに癒されることよって、だんだん性格の角が取れていきます。

ローラン:

訳あって小人になりました。前の記憶は全くなく、性格はギャグローランのような感じ。

ハウザーをひたすらに愛します。

ただ、ギャグローランは思いを隠しているけど、小人ローランは全開しています。

この話の見どころは、この体格差ですね。ローランが切ないです。

ハウザーは小人ローランをローランに似た小人としか思っていないので

恋愛。という感じには中々なりません。

ローランは、ハウザーの鞘になりたかったので、小人ローランはその思いの塊だとでも

思ってください。

全身全霊でハウザーを愛し、ハウザーを癒します。

そしてそんな色々な見どころをすっとばして、こちらの設定の話は

 

▼現在こうなってます。大きく戻って、ハウザーと各地を旅してるよ♡

※次作は5月出しの背景付の絵になりますー。

小人ローランの話は大きく戻った後から1コマ漫画のような感じでゆるーく続きます。

いつか、小人ローランの見どころを漫画で描きたいですが、こちらも画力が必要。

作成はいつになるか分からないです。とっても気まぐれですみません。

 

以上今後ともハウザー・ハウロー狂いの私を生暖かい目で見てやってください。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント